レーザー治療

ハードレーザーは一般外科・脳外科・耳鼻科・
産婦人科・皮膚科など多くの医科分野で使用され実績のある治療法です。

歯科でも最近になって治療に使われるようになってきました。

ハードレーザーで、お口の中の疾患部分をすばやく取り除いたり、強力に殺菌することにより、治療時間が短縮され治療回数も少なくすることができます。
そればかりか他の治療法に比べて治りが早く、痛みが少なく、傷あとが残りにくいのも大きな特徴です。

次のような場合に使用します
*抜歯後の感染予防、止血、疼痛予防。
*治りにくい根の病気の治療や手術。
*腫れた歯ぐきの手術。
*神経を取った歯の痛みの予防。
*義歯が当たって痛い部分の処置。
*深い虫歯の神経をできるだけ取らずに
 保存する処置。

*口内炎の痛みを取る。
*歯ぐきの黒ずみを取る。
*頬、舌、唇小帯の切離手術。
1.ハードレーザー
2.ソフトレーザー
ソフトレーザーは切れないレーザー
生体組織に治る元気を与えてくれる。
そういう言い方をするとわかりやすいでしょうか
最近では顔面神経麻痺の患者さん、味覚異常の
患者さんに使用して高い治療効果がありました。








平成23年10月にGC社製の
最新型を導入いたしました。