これは開業当初から虫歯を作ってきた子供さんのお母さんに渡しているプリントです。
       多少過激な表現もありますが、このくらい言っておいてちょうどいいくらいじゃないか?
       そう思います。 (笑)
       残念ながら歯科医師の中にはいまだに虫歯がなくなったら仕事が減るので困る。
       砂糖の制限を声高にいうことはやめようよ! という先生がいるのも確かです。
       あれだけ国民に虫歯を作りつづけた某ガム会社でさえ最近は『虫歯のない世界を作ろう』
       なんてコマーシャルをする時代なのにね・・・・・。



     虫 歯 の 話    

私が子供の頃ですから今から40年ほど前の日本では、我々は「甘いものばかり食べて
いると虫歯になりますよ。」
という言葉をよく聞きました。
最近ではそれが
「歯をみがかないと虫歯になりますよ。」に変わってきています。
実際私の診療室にお見えになる若いお母様方に「虫歯の原因は・?」
とお尋ねするとほぼ100パーセントのお母様は「歯磨きがきちんと出来ないからですよね」
とおっしゃいます。そのうち7〜8割の方が「虫歯の原因はお砂糖ですよ。」と申し上げると
え〜!?お砂糖食べると虫歯になるんですか」と驚かれるのです。
一体なんでこんなことになってしまったのでしょうか。
もしこの虫歯の原因がある種の意図を持って、誰かが、誰かの利益のために情報操作を
してすりかえたのだとしたら・・・。恐ろしいことですよね。    
まさかこの何10年かの間に虫歯の原因が変わったわけではないと思うのですが・・・。
あなたは、新聞やテレビから与えられる情報をすべて真実だと思っていませんか?

虫歯の原因になる汚れを歯に付ける段階について何も追及しないで付いてしまった汚れを
取る努力で虫歯を予防するのは非常に厳しいものがあります。
最近は幸いにも虫歯を持っている子供は少なくなってきているような気がします。
しかし虫歯を持っている子のお口の中が非常に悲惨な状態である。
つまり虫歯のない子供の口は徹底的にきれい。虫歯のある子はひどい。
中途半端に悪い子は少ない。というように両極端化しているようなのです。
このプリントでお話することは虫歯予防の基本です。基本をふまえた上でお母様方が
「我が家の虫歯予防対策はこうしよう。」と考えて頂くためのお力になれれば幸いです。

      虫歯はお口の中の病気の代表選手です

虫歯はほかの病気やけがと違って一度かかると歯の内部へ広がり、自然に治ることは絶対に
ありません。ですから早期発見、早期治療が必要だとよく言われます。しかし本当に必要なのは
早期発見、早期指導ではないでしょうか?

初期段階の虫歯は削って治療をしなくても適切な指導が行われ、それを守っていれば進行を
ストップさせられます。ですから、できるだけ指導から始まって必要なら治療に進むというステップを
きちんと踏んでやっていけるシステム作りをする必要があると思います。
@そうすれば日本人のお口の中はもっと健康になるのではないでしょうか?

それではなぜ、虫歯が出来るのでしょうか?

図のように歯、細菌、砂糖の3つの要素が重なり
合った時虫歯ができます。もちろん、歯が砂糖と
接触する時間、唾液がお口の中の酸を中和する
能力、歯並びなど
いくつかの要素によって虫歯の
できかたに差は出ます。

 しかし、虫歯になりたくないから といって、 
先に歯を抜いておく わけにはいかないし、お口の
中を無菌状態にするのも不可能なのです。
ですから、虫歯を作らないために一番合理的で
効果のある方法は左の三つの輪から砂糖の輪を
引き離す事、すなわち歯と砂糖を接触させない事
である。と言えます。

そうすると、虫歯を防ぐための一番簡単な方法は

《砂糖を食べないこと》 となるわけです。

ここで少し難しい話になりますが、虫歯の成り立ちを化学的に解説してみましょう。

プラーク(歯垢)の生成 

虫歯の始まりはエナメル質がとけること「脱灰」です。このエナメル質の脱灰に大きく関与するのは
ストレプトコッカスミュータンス(虫歯菌)砂糖です。まず最初にストレプトコッカスミュータンスは
歯の表面で砂糖からデキストランというものを合成します。

このデキストランは砂糖のうちのブドウ糖からなる多糖体です。

  特長は   非水溶性  粘着性が高い  固体に付着しやすい

このデキストランが歯面に付着しストレプトコッカスミュータンスやほかの細菌をエナメル質表面に
増殖させる。  細菌が増殖した結果 プラーク(歯垢)となる。プラークの80%は細菌で虫歯と
歯周病(歯槽のう漏)の直接の原因である。

重要なこと・・・・
デキストランはストレプトコッカスミュータンスと砂糖によって
のみ
合成される

歯の脱灰

次の段階はこうしてできたプラークの直下のエナメル質に脱灰が起こる。すなわちプラークの中に
取り込まれた糖質がプラーク中の細菌によって解糖(化学的に分解される)される。解糖される時に
酸ができる。そしてその酸が歯をとかす。この時の糖は砂糖に限らずブドウ糖、果糖、乳糖と何でも
よく、また酸を作る細菌もストレプトコッカスミュータンスにかぎらず何種類もある。


                           まとめ

虫歯ができる初期段階で砂糖とストレプトコッカスミュータンスが重要な働きをする。その働きは
砂糖とストレプトコッカスミュータンス以外の組み合わせでは出来ない。お口のなかのストレプト
コッカスミュータンスを取り除くことは不可能だ。⇒ 虫歯を作らないためには砂糖を食べなければ
よい。

《 余談 》  ストレプトコッカスミュータンスは赤ちゃんのときから誰でも持っているわけでは
なく、他人からの感染と言われています。もし3歳ぐらいまでの間に赤ちゃんのお口の中に
まったく虫歯菌を持っている他人の唾液が触れることがなければ、虫歯菌を持たない子供に
育てることができるかも・・。  

とは言っても何らかの形で、お口の中に入ってくる砂糖ですが、一体どの程度まで制限
してやれば虫歯は出来にくくなるのでしょうか(もちろん一切口にしないに越したことは無い
のですが・・・・)

調味料として使用する砂糖を除いて、一日に20グラム以下に制限すれば、ある程度の
効果はあらわれるといわれています。

『20グラム?そんなに食べさていません』とおっしゃるかたは次の表を御覧下さい。

食品

単位

砂糖の量

市販品

ショートケーキ

一個100グラム

28,6グラム

プリン

一個100グラム

14,2グラム

練りようかん

一切れ56グラム

30,8グラム

どらやき

一個70グラム

25グラム

コーラ、スポーツドリンク等

250ml

25〜30グラム

乳酸飲料

60ml

10〜15グラム

チョコレート

1枚

20グラム

ヤクルト

1本

15グラム

シュークリーム

1個

10グラム

外食

たぬきうどん

13グラム

ホットケーキ

27グラム

おしるこ

36グラム

あんみつ

30グラム

いかがでしょうか?

間食を甘食にしてはいけないのです!

でも・・・

「歯を磨けば虫歯はできないのでしょう?」

次にこの疑問が出てくるはずです。

はっきりお答えします。 

虫歯の90パーセントは噛み合わせの面からですが、残念ながらこの90パーセントに対して

歯磨きは虫歯予防の効果がありません!

噛み合わせの面には複雑な深い溝があります。
この溝は、目で見えるところよりもっと深く歯の内側に
洞窟のように入り込んでいるためここに入った砂糖は、
歯ブラシでは絶対に除去できないのです。

一度治療を受けた詰め物と歯の境目や、かぶせ物と
歯の境目も同じです。どんなに精巧に作ってもわずかな
段差がありますから、気を付けないと、治しても治しても、
まわりからまた虫歯になってしまうのです。

ここまで読まれた方は、「それでは、何のために歯を磨くのか?」と疑問を持たれるでしょう。
残り10パーセントの虫歯、すなわち平な面から発生する虫歯や、歯と歯の間から発生する虫歯の予防の
ために。そして
歯肉炎や歯槽のう漏を防ぐ効果は確実です。

ですから決してブラッシングをおろそかにしてはいけないのです。

≪ 虫歯予防の3つのポイント ≫

        1、砂糖を食べる量を減らす。歯との接触時間を短くする     

        2、歯をよく磨く
            
        3、予防処置(シーラントを行う)) 

☆シーラント処置とは?

乳歯の奥歯や、萌え始めたばかりの永久歯の奥歯の噛み合わせ
の面の溝にプラスチックのような材料を流し込み、固めて深い溝に
ふたをしてしまう処置です。

*進行止めの薬やフッソには虫歯予防効果はありません。ただしシーラント処置をしてある歯でも、
ダラダラと甘食したり歯磨きをサボっていたら、あっという間に虫歯は出来てしまいます。

〜おやつについて〜

1、くどいようですが、間食を甘食にしない事

2、おやつはあくまでカロリーの補給という考えで

3、時間と量をきちんと決める

  ポイント1〜間食の栄養量は1日の総エネルギー量の10〜20パーセント 

  ポイント2〜回数は1〜2回。消化しやすいもので、食事で摂れなかった栄養素を補う。

  ポイント3〜できれば自家製のものが望ましい。

  ポイント4〜かならずお茶、牛乳、水などの飲み物と一緒に与える。

  ポイント5〜あめ、ガム、キャラメルなどのお口の中でゆっくり溶けて歯を砂糖づけ

          にするようなものは、与えない。

清涼飲料水に注意

   *pHペーハー(酸性の程度、数値が小さいほど酸性の程度が強い)

pH5.5以下で歯のカルシウムが溶ける!

コカコーラ

pH2.5〜3.0

砂糖量20〜25g

果汁入り清涼飲料

pH2.6〜4.2

砂糖量20〜25g

ヤクルト

pH3.4〜3.6

砂糖量10〜15g

カルピス

pH3.2〜3.6

砂糖量20gコップ1杯

子供さんが「のどが渇いた」と言ったとき

あまりにも安易に清涼飲料水を与えていませんか?

スポーツドリンクについて

スポーツドリンクは飲んでみるとそれほど甘さを感じませんが缶コーヒーと
それほど違わない量の砂糖が入っています。(25〜30グラム)
クエン酸という強い酸が含まれているため甘さを感じないのです。

この砂糖強い酸の両方の作用と体のためによいだろうという勘違い

歯がとんでもないことになってしまうことがあります。

これは哺乳ビン虫歯と言います。

最近小児科医が「小さい子供が急な発熱を
したときにスポーツドリンクを飲ませなさい。」
と言うことがあります。我が家の冷蔵庫にも
いつも1本冷やしてあります。そして急に高い
熱が出たときに飲むと熱が少し下がって楽に
なります。

そのお医者さんの言葉を若いお母さんが勘違いして「体にいいからいつも飲ませよう。」と
歯がはえ始めた小さな子供に哺乳ビンでスポーツドリンクを飲ませた結果がこの写真です。

見事に歯が溶けてしまっているのがお分かりでしょうか。むかしは同じ哺乳ビンでも中身は
ジュースや乳酸飲料が原因でこのような哺乳ビン虫歯を作ることが多かったのですが
最近ではスポーツドリンクが原因のことが多くなってきています。もちろん赤ちゃんだけに
限らず、すべての年代にわたって同じことが言えるのです。

虫歯と健康の関係について

1、発育に悪影響が・・・

  虫歯があると、食べ物がよく噛めないため偏食をおこし栄養のバランスがとれなくなり発育成長が
  不良になります。

2、歯並びが悪くなる

  乳歯が虫歯になると永久歯との萌え変わりがスムーズに行なわれず歯並びが悪くなり顎や顔面の
  発育に悪い影響を与え、成人後の歯槽のう漏や、顎関節症の原因になります。

3、知能の発達が遅れる

  しっかり噛むことによって脳の細胞を刺激し発達を促進しますが虫歯が多いと、 しっかり噛むことが
  できないので脳の細胞への刺激が不十分となり知能の発達が遅れます。

4、発音が悪くなる

  乳幼時期は言葉を覚える大切な時期です。この時期に虫歯が多かったり歯が抜けたりすると、
  正しい発音ができなくなります。

5、内向的な性格になります

  虫歯がひどいと正しい発音ができないため、話すのが苦手になったり、情緒不安定になったりする
  可能性があります。またひどい前歯の虫歯は子供にコンプレックスを持たせ、内向的な性格になったり
  することがあります。

まとめ

ここまで読まれた方は、もう虫歯は立派な病気であり、全身的な影響も少なくないことが
お分かりなったことと思われます。

さて・・・

ここに非常に子供が好んで食べる食品があったとします。しかしその食品を食べ続けると
心臓や肝臓もしくは腎臓などに障害をおこすことがわかっているなら、お母さん、あなたは、
子供さんにわざわざ買ってまでその食品を与えますか?

それなのに、なぜ虫歯になるのがはっきりと科学的に証明されている砂糖をそんなに
簡単に、子供達のお口にほうりこみ続けるのですか?

また、最近の研究で砂糖のとりすぎで免疫機能(細菌から体を守る働き)に障害を起こす
ことも分かってきています。もちろん砂糖のとりすぎは肥満の原因にもなりますし、
ペットボトルをがぶ飲みするような糖分の摂りすぎは高血糖からいわゆる「キレやすい」
精神症状を起こすとさえ言われています。

さっそく今日からでも砂糖の制限を始めてみて下さい。

*次のことに注意して下さい

a)おじいちゃんやおばあちゃんと同居の方は、必ず理由を説明し理解をして頂いてから始めて下さい。
  ご年配の方の中には子供には甘いものが栄養として必要なものだと信じている方もいらっしゃいます。

b)子供だけに制限を押し付けるのはかわいそうです。子供に我慢をさせるのなら親も一緒に我慢をして
  下さい。

c)ご近所にも宣言して下さい。

d)特別な日には、甘いものを食べるのを許してあげて下さい。

e)虫歯にならない甘味料(カップリングシュガー)の入ったお菓子も出来るだけ避けたほうがよろしい
  でしょう。虫歯にはならなくても甘いものをつい欲しがるようになります。


最後に

この写真をご覧ください。実は私の長男の8歳の時の口の中の写真です。

虫歯は1本もありません。「さぞやしっかり歯磨きさせて・・。」と思っている方をがっかりさせる
でしょうが、歯がは
えてからこの時点まで歯磨きは寝る前の1回しかしておりません。
フッ素塗布もしておりません。
これ以上は何も説明の必要はないと思いますがいかがでしょうか?