外した金属
 治療上どうしても患者さんのお口の中の冠などを除去しなければいけない時があります。その金属を回収してリサ
イクルしています。もちろんご希望に応じてお持ち帰りもできます。それを専門の業者に預けて現金化して、中部盲
導犬協会に寄付をしています。
 ところで盲導犬サーブのお話を聞かれたことはありますか?つい先日までJR高島屋の階段下に銅像がありまし
た。とても住みづらい?場所になってしまいましたので、栄に引越ししたニュースはとても嬉しかったです。生きていた
ころのサーブのユーザーの方は岐阜県の私の先輩の歯科医院に通院されているそうです。サーブの後輩の盲導犬
はその歯科医院でおとなしく待っているそうです。
 実際のユーザーを見る機会は本当に少ないのです。私はいまだに新横浜駅のホームで一回だけです。それぐらい
盲導犬の絶対数が少ないのです。日本全国でたった927頭しか活躍していないのです。なぜかといえば盲導犬の
育成にはかなりの費用と時間と人手が必要だからです。その費用の多くは寄付や募金で支えられています。日曜日
に名駅前に行かれると盲導犬が座っているのを見たことがありますか?募金活動をしているのです。一緒にいるいる
スタッフの多くはたぶんボランティアだと思います。私にはそれはできそうにありません。だから医院には募金箱を置
いています。入り口入ってすぐ左側の下駄箱のうえにラブちゃん募金箱があります。よろしければポケットの中の小
銭をどうぞ!
TOP