沖縄旅行、NO2           

 

平成25年5月8日〜10日

 

5月8日12時20分、中部空港セントレア発・・・2時30分ごろ那覇空港着

 

 

今回の沖縄旅行は家内にとって新婚旅行以来の沖縄訪問でした。

44年前はまだ日本に復帰されておらず、パスポートも必要であり、

風景といえば、いかにも田舎そのものであり、国際通りだけ商店街

があるだけでした。米軍の基地の近くへ来れば、写真は撮らないよう

注意されるのが実状でした。

今は、当時とは違って、実に整備された沖縄を見ることが出来ます。

那覇空港などは、利用者も中部空港より多いように感じ、近いうちに

国際線のターミナルも完成し、素晴らしい空港になるようです。

 

                               

                                 第1日目

 

 


空港へ到着後、予定ではホテルへ直行の行程でしたが、ホテルに

着くには時間が早く、余裕時間が充分にある為、急遽空港に近い

「首里城見学」に変更となりました。時間を有効に使うには良く

しかも、ゆっくりと、見学することが出来、今回の行程変更は

大成功であり、時にはよいものである。

 

 

 

 

   

琉球王朝時代、宮殿前の様子を再現したレプリカ

 

   

宮殿                         守礼の門

 

 

夕食を6時ごろに摂り、車にて5分程度のところにある、国際通り出向き、散歩中

食後ではあったが、沖縄名物「ソウキそば」のお店を見つけ、入ったところ店内で

沖縄民謡の実演を見ることが出来ました。

 

 

    

宿泊した、ロワジールホテル              沖縄民謡の実演

 

                                        第2日目

 

朝9時にホテルを出発し、今日の予定は、まず、パイナップル

公園、森にガラス館、海洋博物公園(美ら海水族館)を見学

しました。美ら海水族館では、スケールの大きな水族館と

イルカショーなどを見学することが出来ました。

 

 

    

ガラス館での実演                パイナップル公園

 

              

水族館の内部及び喫茶室

    

実演中のイルカショー

 

                                                             

                                                                  第3日目

 

朝9時ごろホテルを出発し、今日の予定は、まず万座毛を訪れ、

土産物屋にて、大きな置物を購入。重たすぎて宅配をお願いす。

万座毛は、特別良い景色でもなく、象の鼻の形をした、岩がある

程度で、見るべきものは余り無く、早めに切り上げ、次の観光地

琉球村へ移る。ここには琉球当時の珍しいものがあり、野外の

博物館と言ってよい。

あとは黒糖工場、そしてお決まりのショッピングセンターへ行き

買い物を楽しんでいたようです。

        

 

 

    

マリオットホテル沖縄               琉球村入り口

 

     

      琉球村の内部               牛の力を利用して砂糖キビの搾り出し

 

 

このようにして、2泊3日の沖縄旅行を終了しました。多輪会の際の旅行とは

違って、ゆっくりとした見学旅行でした。

 

 

前ページへ戻る  or   次ページ(マレーシア編)に進む